但馬(たじま)の魅力を伝えたいまる屋若旦那、藤原啓太のブログです!

4月からの宿泊予約の受付を開始しました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
香美町の海側(香住)出身まる屋若旦那、藤原啓太です 10年間の大阪生活を終え、2016年6月より、 地元へ帰って参りました 兵庫県北部の但馬(たじま)地方は、東京都と 同じくらいの面積がある広大な田舎です! 豊岡市の城崎温泉や出石城下町、神鍋高原、朝来市の 竹田城跡に生野銀山、養父市の天滝や氷ノ山、そして 美方郡の余部橋梁、湯村温泉、漁師町 JRの列車が一時間に一本だったり、夜間に車で走ると 鹿やタヌキが飛び出してきたりと、多少不便なことも あるけども、ええとこが沢山あります! そんな但馬の魅力を日々、感じまくっております^^ マラソンが好きです! 香住・ジオパークフルマラソン みかた残酷マラソン、 大阪マラソン2015、淀川マラソンに出場経験有り 走るのは速くない。でも走るのは好き! 日本酒が好きです! 但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに 個性があっておもしろい! 香住鶴→ちょっと甘めでスイスイ飲める 此の友→すっきりキレイ系からしっかり系 銀 海→落ち着いた味わいやキリッと感 竹 泉→旨味しっかりで燗酒向き 個性豊かな日本酒をまる屋で楽しんでください!

こんにちは。1月末に日本海側を襲った寒波。まる屋があります香美町香住も一日であっという間に雪が積もりました。

朝起きたら道路も真っ白、、

あっという間にどんどん積もりました。

一日降り続いた雪ですが、今はきれいさっぱりとけてなくなりました。

今日は雨の一日

兵庫県北部全体を見ると、まだ雪が残っている地域もありますが、道路上には雪はほとんどありません。

4月からの宿泊予約を受け付けます

今日から2月。相変わらず、世の中は新型コロナウイルスの影響が続いています。2月7日までの緊急事態宣言も一ヶ月程度の延長が検討されていて、観光業界をはじめ、様々な業界に影響を及ぼしそうな状況です。そんな中ですが、、、

 

4月からの予約受付を開始します!!!

4月は17日からのご宿泊を受付いたします。お宿まる屋ホームページのオンライン予約からご予約ページへお願いします。4月からの宿泊プランは2つご用意しています。

  1. 「海プラン」
  2. 「但馬の四季を味わうプラン」

プラン内容をざっくりとご紹介いたします。

海プランは、香住港や柴山港で水揚げされた海産物を中心にした料理プランです。お客様からよく聞かれるのが「4月の港では何が水揚げされますか?」というご質問。3月までは松葉ガニの水揚げがあるのですが、4月以降は何が水揚げされるのかよくご存じでない方が多い気がします。4月からは、カニ漁と同じ底引き網漁でも水揚げされる魚種が変わります。ハタハタ、ホタルイカ、ノドグロ、赤エビ、白エビ、黒エビ、オニエビ、カレイにニギス、ドギ、アナゴなどなど。松葉ガニほどのインパクトはないかもしれませんが、美味しい海の幸が沢山水揚げされます。

柴山港で水揚げされる白エビ

中でもアナゴ。実は春と秋に日本海でアナゴが水揚げされます。アナゴというと兵庫県でも南側、瀬戸内のイメージがあります。実際、特産品になっており、アナゴ推しの地域も沢山あります。そんなアナゴが日本海で水揚げされている、というと「え?そうなの」「初めて知った」という方が沢山。実のところ、僕も2016年に実家へ帰ってくるまで知りませんでした(笑)

活で水揚げされるアナゴ

瀬戸内のアナゴといえば、開いて一匹なりが焼いてあったり、甘辛く炊いてあったりするのが多いですが、柴山港で水揚げされるアナゴはそんな小さなものから大きなものまで様々。関西の方ならお馴染みの食材、「ハモ」と同じくらいのサイズのアナゴも生きた状態で水揚げされています。「海プラン」の料理内容にある活アナゴのしゃぶしゃぶ。活きたアナゴを捌いて骨切りし、昆布だしにさっとくぐらせてポン酢で召し上がって頂きます。日本海でアナゴ⁉という驚きもあり、その美味しさにかなり好評を頂いております。

その他には、香住港で5月末まで水揚げされる「香住がに(紅ずわいがに)」を陶板で蒸し焼きにしてお出ししたり、白身のトロと呼ばれるノドグロを塩焼きで召し上がって頂きます。海産物を中心に、ということですが「お肉も食べたい!」というご希望もありますので、プラス料金(1,000円)でノドグロの塩焼きを但馬牛肩ロースのステーキに変更することもできます。

香住港、柴山港を中心に近海で水揚げされた地魚のお造りや大将が手打ちするお蕎麦、海産物以外の食材も兵庫県北部の但馬地域を中心に仕入れています。プランの詳細や料金はオンライン予約「海プラン」のページからお願いします。

続いて、「但馬の四季を味わうプラン」について。海産物をはじめ、食材豊富な兵庫県但馬地域を、お料理の中で感じて頂こう味わって頂こうという料理プランとなっています。香住港や柴山港、近隣の港で水揚げされる海産物や、但馬牛や八鹿豚に代表される畜産物、但馬の在来種作物などの農産物をお宿のお食事でご用意しております。また、城崎温泉の伝統工芸品「麦わら細工」を器として特別に作って頂き、コース料理の中でお出ししています。料理以外にも但馬の良き文化や伝統を感じて頂けるかと思います。

麦わら細工の器

料理内容は、その時々で変わってまいります。食べられない食材ですとか、アレルギーがある場合、また但馬牛のステーキは食べたいとかノドグロを少しだけ、というご希望がありましたらできる限り対応させて頂きます。少量一品ずつご提供いたしますので、お食事にはどうしてもお時間がかかります。(2時間~2時間半)ご満足頂ける内容に努めますので、その点ご了承頂ければと思います。プランの詳細や料金はオンライン予約「但馬の四季を味わうプラン」のページからお願いします。

新型コロナウイルスの感染拡大が今後、どうなるかはわかりません。緊急事態宣言もいつまで延長されるかなんてわかりません。わからないだらけの状況ですが、今回ご予約の受付を開始させて頂きました。

宿泊施設としての感染症対策は引き続き、対応いたしますのでお宿まる屋でお過ごし頂き、但馬へのご旅行を楽しんでもらえれば嬉しいです。

 


この記事を書いている人 - WRITER -
香美町の海側(香住)出身まる屋若旦那、藤原啓太です 10年間の大阪生活を終え、2016年6月より、 地元へ帰って参りました 兵庫県北部の但馬(たじま)地方は、東京都と 同じくらいの面積がある広大な田舎です! 豊岡市の城崎温泉や出石城下町、神鍋高原、朝来市の 竹田城跡に生野銀山、養父市の天滝や氷ノ山、そして 美方郡の余部橋梁、湯村温泉、漁師町 JRの列車が一時間に一本だったり、夜間に車で走ると 鹿やタヌキが飛び出してきたりと、多少不便なことも あるけども、ええとこが沢山あります! そんな但馬の魅力を日々、感じまくっております^^ マラソンが好きです! 香住・ジオパークフルマラソン みかた残酷マラソン、 大阪マラソン2015、淀川マラソンに出場経験有り 走るのは速くない。でも走るのは好き! 日本酒が好きです! 但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに 個性があっておもしろい! 香住鶴→ちょっと甘めでスイスイ飲める 此の友→すっきりキレイ系からしっかり系 銀 海→落ち着いた味わいやキリッと感 竹 泉→旨味しっかりで燗酒向き 個性豊かな日本酒をまる屋で楽しんでください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© まる屋通信 , 2021 All Rights Reserved.