但馬(たじま)の魅力を伝えたいまる屋若旦那、藤原啓太のブログです!

兵庫県姫路市でニッポン全国鍋グランプリ2019が開催されました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
香美町の海側(香住)出身まる屋若旦那、藤原啓太です 10年間の大阪生活を終え、2016年6月より、 地元へ帰って参りました 兵庫県北部の但馬(たじま)地方は、東京都と 同じくらいの面積がある広大な田舎です! 豊岡市の城崎温泉や出石城下町、神鍋高原、朝来市の 竹田城跡に生野銀山、養父市の天滝や氷ノ山、そして 美方郡の余部橋梁、湯村温泉、漁師町 JRの列車が一時間に一本だったり、夜間に車で走ると 鹿やタヌキが飛び出してきたりと、多少不便なことも あるけども、ええとこが沢山あります! そんな但馬の魅力を日々、感じまくっております^^ マラソンが好きです! 香住・ジオパークフルマラソン みかた残酷マラソン、 大阪マラソン2015、淀川マラソンに出場経験有り 走るのは速くない。でも走るのは好き! 日本酒が好きです! 但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに 個性があっておもしろい! 香住鶴→ちょっと甘めでスイスイ飲める 此の友→すっきりキレイ系からしっかり系 銀 海→落ち着いた味わいやキリッと感 竹 泉→旨味しっかりで燗酒向き 個性豊かな日本酒をまる屋で楽しんでください!

こんにちは。光と海と風を感じる海辺の小さな宿まる屋若大将、藤原啓太です。

1月26、27日に兵庫県姫路市姫路城大手前公園にて「ニッポン全国鍋グランプリ2019」が開催されました。全国各地で親しまれているご当地鍋が一同に集まり、来場者の方による投票でグランプリを決めよう、というイベントです。

昨年までは埼玉県和光市で開催されていたこのイベント。今年は初めて兵庫県姫路市で開催されるということで香美町も初参加!香美町商工会が中心となり、全国のご当地鍋の熱い戦いにエントリーしました。

香住ベニガニのかにすき

香美町商工会には観光部会という組織があり、昨年から僕もお世話になっています。今回出場するにあたり、事前準備に参加しました。

準備は鍋の具材のメイン、香住ガニ(紅ズワイガニ)を切る作業。10万人の来場者があると予想されていますのでそれに見合うだけの量を準備しなければなりません^^;事前準備は3日間(1日は行けませんでした)行われました。

 

切っては並べ、切っては並べをひたすら繰り返し。作業をされた皆様、本当にお疲れ様でした。

切っては並べ切っては並べ

グランプリ当日

土日開催のイベントということもあり、会場へは行けませんでしたが、香美町商工会、観光部会や関係者の方々が会場へ。土曜日はとても寒くなんと雪が降っていたとか。Twitterでイベントの様子を見ることができました。偶然にも香美町PRタイムの動画も^^寒い中、本当にお疲れ様でした!!

そして、結果は

2日間のイベントが終了し、投票の結果、香美町の「香住ベニガニのかにすき」は堂々3位!!!

おめでとうございます!

そして、2020年に埼玉県和光市で行われるグランド鍋チャンピオンを決める大会へ出場が決定したとのこと!素晴らしい結果ですね^^

香住ベニガニのかにすきを食べたい!

今回イベントで提供した「かにすき」は、お鍋のだしに予め味が付いているものです。(ポン酢で召し上がっていただくのがかにちりです)

香住ガニを提供されている香美町内のお宿さんはありますが、宿ごとに提供方法が違います。かにすきを召し上がりたい方は各お宿さんへお問い合わせしてみてください。

多くはありませんが、飲食店さんでも香住ガニのかにすきを提供されています。

味処 喜いち(食べログのサイトにリンクしています)

香住ガニのかにすき(かに1枚分) 7,500円 (要予約)

香住ガニ1枚分とお鍋の野菜が付いています。料金は1人様のお値段ではなく、1枚分をかにすきで提供するお値段ということなので2名様でも4名様でも同額です。お電話でのご予約が必要とのことですのでご希望される方はご連絡をお願いします TEL0796-37-1130

かに八代れんが亭

コチラの店舗では、ダブル鍋(香美町の食材を使ったお鍋を2つ頂けるというもの)での提供になります。香住ガニだけのお鍋も大丈夫とのこと。予約をされた方がスムーズにご提供して頂けると思います。

香住ガニしゃぶ×香住ガニかにすきのダブル鍋 5,400円~

お値段は食材によって変わってきますので、詳しくはかに八代れんが亭のホームページをご覧頂くか、お電話でお問い合わせしてみてください。 TEL 0796-36-1341


この記事を書いている人 - WRITER -
香美町の海側(香住)出身まる屋若旦那、藤原啓太です 10年間の大阪生活を終え、2016年6月より、 地元へ帰って参りました 兵庫県北部の但馬(たじま)地方は、東京都と 同じくらいの面積がある広大な田舎です! 豊岡市の城崎温泉や出石城下町、神鍋高原、朝来市の 竹田城跡に生野銀山、養父市の天滝や氷ノ山、そして 美方郡の余部橋梁、湯村温泉、漁師町 JRの列車が一時間に一本だったり、夜間に車で走ると 鹿やタヌキが飛び出してきたりと、多少不便なことも あるけども、ええとこが沢山あります! そんな但馬の魅力を日々、感じまくっております^^ マラソンが好きです! 香住・ジオパークフルマラソン みかた残酷マラソン、 大阪マラソン2015、淀川マラソンに出場経験有り 走るのは速くない。でも走るのは好き! 日本酒が好きです! 但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに 個性があっておもしろい! 香住鶴→ちょっと甘めでスイスイ飲める 此の友→すっきりキレイ系からしっかり系 銀 海→落ち着いた味わいやキリッと感 竹 泉→旨味しっかりで燗酒向き 個性豊かな日本酒をまる屋で楽しんでください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© まる屋通信 , 2019 All Rights Reserved.